【知りたい!】産後のバストケアにバストアップクリームは有効?

妊娠して、おっぱいが大きくなって、産後、さらにおっぱいが大きくなってウキウキしていたのもつかの間

 

私は1歳2ヶ月で娘を断乳させ、それまで完母で育てたのですが、まさかこんなにも卒乳後のおっぱいが小さくなるなんて思っていませんでした…。

 

妊娠前より確実に1サイズは小さくなりました><

 

周りの友達からは聞いていたのですが、卒乳後の私のバストのみすぼらしさと言ったら…。

 

赤ちゃんを産んだ女性は、この「バスト問題」の悲惨さに、女性としての自信を少し無くしてしまうかもしれません。

(少なくとも、私がそうでした)

 

授乳中は、出産前より平均で2カップ程度、おっぱいが大きくなるそうですが、

(これも、私もそうでした!)

 

卒乳してみると、あれよあれよという間におっぱいはしぼみ(ほんと、しぼむという言葉がピッタリ!な感じで小さくなりますよね)、バストサイズが元のサイズに戻るのではなくさらに小さくなり、しかも垂れたりして、

 

まるで、役目を果たし終わってもう何も用無しですよってな状態になりました。

 

でも、もちろん旦那さんとの夜の生活もあるし、

 

ママになったって、周りからきれいだって言われたいし、

 

子供を連れて海やプールに行ったら、自信を持って水着が着られるママになりたい!

 

そう思ったので、私はバストケアとして産後クリームを使いながら、必死にバストアップを目指して頑張りました。

 

結果、本当にハリが戻るとともに、2サイズのバストアップに成功しました^^

(授乳中と同じサイズになりました)

 

どうして産後にバストは垂れる?

f:id:happyday12777:20170621141335j:plain

私自身が疑問に思ったのはまずこれです。

 

元のサイズに戻るならまだしも、どうして産前よりも小さいサイズになってしまうのでしょうか…

 

それは、調べてみたところ、母乳で育てていた頃にバストが一時的に大きくなることでクーパー靭帯が伸びてしまうことにあるそうです。

 

クーパー靭帯?

 

聞きなれない言葉ですよね。

 

クーパー靭帯とは、バストを支えているコラーゲン組織で出来ている靭帯のことで、乳腺や筋肉をつないでくれている役目を持っています。

 

多少なら伸縮性があるそうなのですが、本当に伸びてしまうとそのままの長さを保ってしまい、もう戻らない!

 

厄介なやつなんですね…。クーパー靭帯めー!

f:id:happyday12777:20170621141635j:plain

妊娠したり、授乳を始めたりすると、バストが大きくなって、どうしてもクーパー靭帯も伸びてしまうらしいです。

 

母乳で育てている間は、女性ホルモンの分泌が増えて乳腺も大きくなるので問題ないのですが、

 

卒乳後にまた通常のホルモン量に戻って乳腺の大きさが妊娠前と同じに戻り、その乳腺を守るための脂肪も減ってしまいます。

 

しかし!そんな背景でバストサイズが元に戻っても、クーパー靭帯の長さは戻りません><

 

結果、見た目上はおっぱいが垂れているように見え、そのせいでバストサイズも小さくなってしまったように見えるということです。

 

この、伸びてしまったクーパー靭帯そのものを再度収縮させることは出来ないのですが、

 

筋トレをしたり、バストアップ用のクリームを塗ってバストのサイズやハリを取り戻すことで、

 

妊娠前のようなハリと、授乳中のような大きさを取り戻すことが出来るんです。

 

というか、本当に出来ました!!

 

サプリなどだけでは、なかなかハリは戻らないので、どうしても伸びてしまったクーパー靭帯をカバーすることが出来なかったのですが、

 

クリームは、なかなか効果がありましたよ^^

 

それが、私が実際に試してみた結果でした。